oeh

本当の教育を子どもたちに

勉強の成績向上や受験の合格を追求することだけではない、教育の本質を子どもたちに伝えていきたい。それが、ワンズウェイ教育事業部の誕生です。

株式会社ワンズウェイの代表 前田正大は、サラリーマン時代、教育業界に携わり業界の現状を見てきました。確かに、成績を向上させるためのサービスや商品は世の中に溢れかえっていますが、一つ疑問がありました。勉強に対して意欲がある子や、嫌でもやらないといけないという危機感があり頑張っている子どもたちもいますが、なかなか意欲が上がらず逃げている子や、他のことに熱中して勉強に取り組めない子も多くいます。家族からの「勉強しなさい」という声かけに反応してくれない子どもたち、「やる気がない」と言われている子どもたちは、そのままほっといていいのでしょうか。

やる気がないように見える子どもたちも、勉強はできないよりできたほうが良いということはわかっていますし、成績が上がったら嬉しいという気持ちはもちろんあります。ただ、習慣を変えるキッカケがなく日々を過ごしているのです。そこに手を差し伸べることができたらという想いで、ワンズウェイの社員たちは子どもたちと向き合っています。

その先にワンズウェイが目指しているものは、子どもたちが将来、できないことから逃げずに努力でき、周囲から尊敬され、頼られる人材に成長してくれることです。立派な大人になるために子ども時代にできることというのは、嫌いな勉強、難しいと感じることを自らできるようにしていくことです。そして、これが教育の本質だと思っています。

高校卒業までに学習する内容の中には、大人になって一度も使わない知識もあるかもしれませんが、できない勉強をできるようにしたプロセスは将来絶対に生かされます。だから、ワンズウェイでは、子どもたちに勉強を教えるのではなく、自分から勉強を頑張ってみようと自走するためのモチベートをすることを重視しています。

日本中に、まだまだたくさんのキッカケを待っている子どもたちがいます。
一人でも多くの子どもたちのやる気を上げるために、どのような声掛けがやる気を引き上げられるのかもっと追求できるはずです。

子どもたちの将来は、日本の未来です。私たちワンズウェイが子どもたちにキッカケを与えることで、日本の未来を変えられる。そう強く信じ、子どもたちの『やる気』を日々モチベートしています。